ほくろやシミに脱毛器が反応してしまうことも

光脱毛やレーザー脱毛は黒い色、つまり色素の濃いものに反応する光を用いて、毛根を破壊して脱毛を行います。むだ毛の黒い色に反応する仕組みになっているわけです。

 
日焼けをして黒い肌になっている人は、脱毛器の光が反応してしまうことがありますが、その日焼けと同じ反応になるのが、ほくろやシミです。

 
これらは、濃いメラニン色素によって形成されています。そのため、これらに光を照射すると、反応してメラニン色素の部分で熱エネルギーに変化します。つまり、熱エネルギーを与えてしまうため、火傷と同じ状態にさせてしまうのです。

 
光脱毛やレーザー脱毛の光が反応しないかどうか、まずは確認することが重要です。
サロンで脱毛する人は、脱毛したい部位にこれらがある場合はどのような処置をしてくれるのかを、カウンセリングでしっかりと確認しておきましょう。具体的には、脱毛器が反応しないように、それらがある部分を隠すなどして対応するサロンが多いようです。

 
自宅で脱毛器を使って脱毛する時も、もちろんそれらの部位は忘れずに隠して処理することが必要です。大きさに合わせて切り取った絆創膏を貼るなどして、隠すと良いでしょう。薄い場合であれば、ファンデーションを塗って、肌色にしておくという方法もあります。

 
不要な火傷をしたり、後々肌のトラブルが起こったりしないよう、くれぐれも注意してください。

Comments are closed.