顔脱毛の副作用

女性なのに鼻の下に髭が生えてたり、口の周りを中心に産毛が生えて悩んでいる人は、結構います。

 
もちろん鏡を見ながら自分で処理するのも可能ですが、カミソリや電動シェーバーは、肌に刃物をあてて処理していきますから、どうしても肌を傷つけてしまいます。

 
そのため、専門のサロンやクリニックに通って顔脱毛の施術を受ける人も少なくありません。

 
エステサロンでは光脱毛が主流で、クリニックでは医療用のレーザーで施術が行われます。どちらもキレイな仕上がりとなり、満足度も高いのですが、副作用がある事も覚えておかなければいけません。

 
まず、光脱毛でうぶ毛を脱毛した場合、もともと生えていた毛よりも濃く太い毛に変わってしまう事もあります。硬毛化と呼ばれる現象で、原因はわかっていません。光脱毛によって、全ての人が成功するとは限らないので、体験コースなどで自分に合うのかをしっかり確認しておく必要があります。

 
一方、医療レーザーを使った脱毛では、火傷などの危険性があります。レーザーは黒い部分に反応するのですが、濃いシミやほくろ、そして日焼けした肌にも反応する事があります。

 
レーザー出力を間違えると火傷に繋がり、その火傷はケロイドや色素沈着などトラブルを起こす可能性もあります。
そのため、技術力が高い、信頼できる医師に施術してもらわなければいけません。

Comments are closed.